医者

PLDDで椎間板ヘルニアを治す【スピード回復センター】

首の椎間板ヘルニアです

男性

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎にある椎間板が傷んで飛び出してさまざまな病状を示す病気です。椎間板が神経に触れて、激しい痛みを与える場合と、脊髄そのものに影響を及ぼして、手足のしびれと脱力を示す場合があります。治療は症状に応じて手術、保存的療法、痛みが激しいときは疼痛コントロールなどを行います。

OPLL

男性

後縦靱帯骨化症(OPLL)とは、背中を走る後縦靭帯が何らかの原因によって骨化してしまい、神経を圧迫してしまう病である。明確な原因はわかっておらず、国の難病に指定されている。後縦靱帯骨化症の症状としてはしびれが挙げられ、治療もしびれを取る治療を中心に行われる。

自律神経失調

腰痛

自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることが原因で、心身に様々なタイプの不調が起こる病気です。症状があるにも関わらず、内臓器官を検査しても異常が見られないのが特徴です。基本的にストレスを溜めないことを心がけることです。症状によっては薬物療法が効果的な場合もあります。

椎間板ヘルニアへの新治療

切らずに治せる!PLDDは人気の治療で、レーザーを使った治療になっています。腰痛で悩んでいる人はこちらで病院から探してみましょう。

椎間板ヘルニアとは

病棟

椎間板とは、腰椎の間にあり、腰椎にかかる負担を軽くするクッションの役割があります。しかし、椎間板ヘルニアになると、椎間板の一部が突き出てしまい、腰椎を圧迫してしまいます。症状としては突然の激しい腰痛と、下半身にしびれが生じます。しびれる場所はヘルニアが圧迫している場所によって異なり、低い場所を圧迫している場合は太もものあたり、脊髄中枢神経をまっすぐ圧迫している場合は左右どちらかの末梢神経にしびれが生じます。椎間板ヘルニアを治療する場合、保存療法が主に行われます。具体的には安静にする、補助具をつける、薬で対処療法を行う、ブロック注射で痛みを緩和する、温熱療法や低周波療法などがあります。また、歩行障害が生じるなど、重症化してしまった場合には手術も行われます。しかし、保存療法が効かず、手術を行った場合、最低でも2〜3週間の入院と長期にわたるリハビリを必要とします。この悩みを解決すべく、開発された新たな治療法がPLDDです。

椎間板ヘルニアへの新治療

PLDDとは、椎間板ヘルニアに対するレーザー治療のことをいいます。椎間板の中にある髄核にレーザーを照射、髄核を蒸発させるため、椎間板が元に戻ることはありません。そのため、PLDDを行うのは、保存療法が効かなかった場合が前提となります。また、手術に比べると治せる場所が限られてしまうのも欠点です。しかし、PLDDを行う場合、レーザーファイバーを患部に差し込み、レーザーを照射するため、傷自体は針の穴ほどの大きさになります。また、傷口が小さく済むため1泊2日、最短だと日帰りで退院することが出来、術後の回復も手術に比べると早く済みます。さらに、内視鏡による手術よりも複雑さが少なく済むことも、メリットといえます。椎間板ヘルニアはほおっておくと重症化し、生活にも支障が生じます。PLDDは椎間板ヘルニアを治療したいが手術する余裕がない場合に使うことのできる、新たな治療法です。この治療法が広まることによって、手術に恐れていた人も治療することが可能になります。

世田谷でリウマチの治療を行うクリニックがこちらです。効果のある治療方法を提案してくれるため、一度訪れてみましょう。

駅近くで営業していますので、アクセスにも便利ですね。都筑区で内科の受診を検討しているのであればこちらにも注目してみましょう。

Copyright © 2015 PLDDで椎間板ヘルニアを治す【スピード回復センター】 All Rights Reserved.